新型コロナの影響がこんなに鋭く出ると想像もしていませんでした。
国内で爆発的な感染が広がり、接触感染が恐れられるようになります。
サービス業は大きな打撃を受けてしまったのです。
カラオケバーを経営しているのですが、新型コロナ上陸から徐々に客足が減りだしました。
コロナの感染はとどまることを知らない状態で、自粛が叫ばれるようにもなります。
次第に経営は悪化、これからの生活はどうなるのか?
収入のあてもなく、ピンチに陥ってしまったのです。

 

 救いとなってくれたのは、意外にも緊急事態宣言により自粛でもあります。
協力金を得ることに成功したからです。
協力金のおかげで、営業をしている時よりも収入を増やすことが出来てしまいました。
しかし、その後が大きな問題となりました。
緊急事態宣言解除で、お店を再開することにもなったのですが、コロナ不景気が手伝って以前のようにお客さんが戻ってこなかったのです。

 

 打開策として、お店をリニューアルオープンすることと考えます。
しかし、その予算が出ないのです。
リニューアルを考えていたときのこと、愛人募集掲示板を見つけてしまいました。
こういう場所で募集することで、収入を増やせるのではないか?
完全無料で気軽に利用出来る愛人募集掲示板ですから、利用者だって多くいます。
恥ずかしい話、不細工な私だけど、もしかしたら出会いに恵まれるのでは?
そう思うと、愛人募集掲示板で活動しなければいけない気持ちを強めました。

 

 無料の気軽さもあり愛人募集掲示板で本格的に活動していくことにしました。
不細工でも気に入ってくれる男性がいるかもしれないのですから。
掲示板に投稿をしていきます。
すると、メールが到着するようになってきました。
喜びながら開封しました。
想像と違うメールが大多数でした。
ビジネス勧誘のメール、商品紹介のメール、そして裸で卑猥な行為をしている動画や画像を要求するメール。
セフレ希望のメール。
愛人募集とはかけ離れた内容のメールが押し寄せて来ていたのでした。
愛人募集掲示板で活動をつづけても、同様の内容のメールが舞い込むだけという感じでした。

 

 愛人募集という選択肢が間違っていたのか?
そう思えるほど結果が出ませんでした。
このままでは、お店も営業出来なくなってしまう。
収入も途絶えてしまう。
路頭に迷う気持ちになっていた頃のことです。
愛人募集掲示板とは別の掲示板を発見することになりました。
金銭支援専用に作られた無料の掲示板です。
瞬間的に、こちらの方が確率が高いかもと思えたのです。

 

 新しく見つけたのは、お金欲しい掲示板でした。
興味があり中を見たところ、多くの人たちが金銭支援要求の投稿をしていました。
不景気もあり、また新型コロナの影響もあり、大勢の人たちがこの掲示板に集まってきていたようです。
よく見ると、お金あげますという書き込みまでありました。
金銭支援を受けるには、こういう場所最高ではないか?
お店のリニューアルのための資金だって集まるのでは?
期待する気持ちから掲示板投稿していきました。

 

 お金欲しい掲示板の結果も良いものではありませんでした。
カードローンの申し込み先を書き込まれたり、アプリのインストールをすることで振り込みをするとか、保証金支払いで支援が出来るとか、怪しさに満ちるものばかりだったのです。

 

 ガッカリしていた時、知人の経営者仲間からとんでもない話を聞かされました。
お店を新しくして、営業再開したという連絡だったのです。
予算をどうしたのか?
気になって問い合わせてみました。

 

 震撼する情報が入ってきたのです。
お店を新しくして営業再開成功という一報でした。
コロナ不景気でよくお金があったなと、聞いてみたのですが、言葉が見つからないような答えが返ってきたのです。
会わないパパとの出会いで収入を得たというものでした。
彼女太っているのに、優しいパパと出会えたと言うのですから。

 

 肉体関係を作らないパパは、好みもそれぞれだからデブ専もいるし、不細工好みのパパもいるそうです。
ワクワクメールやJメールというアプリで、ブスのパパ活に成功することを教えられました。
無料で相手探しが出来、オンライン上の関係で気軽に収入になるので手を出してみることにしました。

 

 結果と言えば、ブスでもパパ活に成功しました。
複数の男性とオンラインでお酒を楽しみ、振り込みしてもらえてしまったのです。
それ以降も、優しいパパとの関係は継続、お店を立て直す見込みがつきました。

定番アプリ女性は完全無料

お金を助けてくれる人を探すならコレ!

 

名前:江津子
性別:女性
年齢:36歳
 カラオケバーを経営している井戸川江津子です。
それでなくても不景気で収入が増えない昨今なのに、新型コロナで恐怖の連続という感じでした。
緊急事態宣言により自粛の最中は、協力金でなんとか保てたものの、それ以降もコロナ不況の影響が強く、お客さんがやってこなくなってしまいました。
お店をリニューアルして、活気を取り戻したい。
しかし、金銭的に無理な部分もありました。
お金を支援して欲しいと、真剣に考えるようになりました。